自信がなくてもいいんです

『発音に自信がないので、英語は話せません』
という方がよくいらっしゃいます。

発音がきれいじゃないから、恥ずかしい。
発音が上手くないから、伝わらないかも…

完璧に話す必要はありません

英語で話す機会があっても、自信がないから話せない。
話せないから、いつまでも自信が持てない…

この悪循環、非常にもったいないです。

だって、英語でコミュニケーションをとるために、
ネイティブのような完璧な発音で話す必要なんて、ないんですよ。

たとえば、アメリカには、いろんな国や地域から
さまざまな人が集まってきます。

その中には、母国語が英語でない人もたくさんいます。

その人たちが話す英語は、
ネイティブの発音とは、当然異なります。

それでもみんな普通にアメリカで暮らしているわけです。

つまり、完璧な発音ができなくても
コミュニケーションはとれる、ということ。
(もちろんキレイに発音できることに越したことはありませんが。)

私達だって、外国人が独特のイントネーションで
日本語を話しているのを聞いて、
何を言っているのか、ちゃんとわかりますよね?

特に、日本人は真面目で、謙遜する傾向が強いので、
『完璧に話せないのに、相手に申し訳ない!』

と、なかなか話したがらない人が多いですが、
話さなければ、上達もしません。

『できるようになってから、話そう』ではなく、
『話せるようになるために、話そう』とするのが、
英会話上達のための近道。

いずれすぐに上達するのだから、今は下手でも構わない!

くらいに大きく構えて、
積極的に英語を話す習慣をつけましょう。