どうやって練習する?

スピーキングの練習をしよう!と思ったとき、
最初ににぶつかるのが発音の問題。
ネイティブのような発音で話すのは、なかなか難しいものです。

自己流はNG

発音の練習と聞いて、「ヨシ!英文をたくさん音読するぞ~!」
と、思った方、要注意です。
なぜなら、残念ながらそのやり方では、発音は上達しないから。

英文の音読をする=自己流の発音をひたすら繰り返す、ということ。

つまり、もしも間違った発音で音読していたら、
いつまでも正しい発音が身につかないんです!

オススメ練習法

でも、自分で自分の発音を矯正するなんて難しいですよね。
そこで私が実践していた方法をご紹介します。

①英語音声を聞いたあとに、続けて発音する(※1フレーズずつ)

②それを録音しておき、英語音声と自分の声を聴き比べる

①に関しては、多少お金はかかっても、CDなどの英語教材がオススメです。
洋画や海外ドラマでもできるにはできるのですが、
話し方にクセがあったり、独特の言い回しだったりして、
実際の英会話では使えない場合も多いのです。

なぜ1フレーズずつなのかというと、
英語の発音とリズムを、確実にコピーするためです。
何フレーズも話そうと思っても、最初はなかなか上手くいきません。

そして、特に大切なのが②です。

発音練習では、自分では「上手くできるようになってる!」と思っていても、
録音して聞いてみると、「あれれ・・・?」ってことがよくあります。
↑歌と同じですね…

自分で話しながら感じている発音と、録音して聞く発音は全然違いますから、
自宅で練習するときなどに、必ず録音するようにして下さい。

スマホアプリなどを使えば、簡単に録音できるので、
ぜひぜひ、やってみて下さいね。